「パソコンを使っている内に、動きが重くなってしまう」問題を解決👍


こんにちは!
プリンセスカームの南部です😊

 

「パソコンを使っている内に、動きが重くなってしまう」と言うご相談を頂きました💡

 

確かに、パソコンを起動して、使い始めは安定して稼働しているものの
色々なアプリの起動・終了を繰り返している内に、
あまりプログラムを起動していなくても動きが重〜〜くなってしまう
ことがあります💦

 

(「ウイルスが入り込んでいる」などの特殊な事情を除いて)
基本的には、パソコン上のメモリを解放することで改善します。

 

簡単に説明しますと、写真や動画を開いたり、プログラムを起動したりするのに、
メモリというパソコン内の領域に負荷がかかります。

写真や動画を閉じたり、プログラムを終了しても、
キャッシュ(残像)のようにメモリ内の一部を占有してしまいます。

そこで、メモリを解放することによって、パソコンの動作を安定化することが可能です😉

Windowsの場合
Macの場合

 

Windowsの場合

①まず、キーボードの「Ctrl+Shift+Delete」を同時に押すことで、
タスクマネージャーが開きます。

※Windows10の場合、左下の「詳細をクリックしましょう」

②タスクマネージャーでメモリーの使用率を確認することが出来ます。

「プロセス」をクリックして、「CPU」をクリック。

明らかに使っていないのにCPUを占有しているものがあったり、
CPU100%のものがあれば終了しましょう。

また、アプリ名を右クリックすることで、優先度を調節することが可能です。

※よく分からないプログラム名・ファイル名を終了すると、トラブルの原因になります。
現在、使っていない、または使う必要のない「Dropbox」「Photoshop」「Illustrator」が
容量を占有しているなどの場合のみ、アプリケーションを終了するようにしましょう。

 

Macの場合

①メニューアイコンの「Launchpad」をクリックした後、「その他」→「ターミナル」

Sudo purgeと入力してエンター

③パスワードを入力します

なお、Windowsで言うタスクマネージャーを見たい場合には、
「Launchpad」→「その他」→「アクティビティモニター」から表示できます。

「CPU」の一覧で、特定のアプリを選択して、左上の「X」ボタンを押すことで、
手動で、メモリー開放をすることが出来ます。

※よく分からないプログラム名・ファイル名を終了すると、トラブルの原因になります。
現在、使っていない、または使う必要のない「Dropbox」「Photoshop」「Illustrator」が
容量を占有しているなどの場合のみ、アプリケーションを終了するようにしましょう。

 

ご不明点などあれば、お気軽にお問い合わせください😉✨

実際に、売上を倍増した【集客テクニック】無料配信!

>> お問い合わせはこちら

>> 広告をかけず【問い合わせ11倍】を実現したWeb集客対策はこちら