「アクセス6倍・問い合わせ1.8倍」の実績!個別ページに「関連記事」を導入しよう✨


おはようございます!
プリンセスカームの南部です😊

 

ホームページの投稿ページで、「関連記事」を表示する仕様にしました!

 

Youtubeやアマゾンなどでは、その内容と、関連性の高い一覧が表示されます。

 

マーケティングにクロスセルと言う手法がありますが、
(ファーストフードで、ハンバーガを買うと「ポテトもご一緒にどうですか?」という提案など)

ある意味、これはクロスセルみたいなものかもしれません💡

 

以前、千代田区は九段下で「中古マンション」を中心に取り扱う、不動産会社のお客様に、
物件詳細ページに「関連記事」も一緒に表示されるように提案したことがあります。

 
===============================================
その結果、アクセス数が6倍以上、問い合わせ数が1.8倍になったことがあります‼‼
===============================================
 

導線としては、まずエンドがSUUMOなどのポータルサイトや、不動産会社のマイソク(チラシ)を見て、
物件名で検索して、物件詳細ページにアクセスしてきます。

 

この状態では、お客様の行動は「ページを閉じる or 問い合わせる」の二者択一になります。

そして、確率的には、90%の可能性でホームページから去ってしまいます💦

 

しかし、「A物件」「B物件」「C物件」などの関連物件を表示することにより、
離脱率を大きく下げることが出来ます。

 

こうして、これまでは「せっかく物件詳細ページにアクセスして頂いても、
90%の可能性で離脱してしまっていたエンド」に
ホームページ内を循環して頂くことで、問い合わせを2倍近く伸ばしました✨

 

余談ですが・・一般的には、関連の条件設定を、
「地域」「路線」「価格」「間取り」などにポイントを置くところ・・

こちらの不動産会社の場合は、「似ている外観の写真」を選ぶことで、
物件詳細ページにアクセスして頂いた方に、高確率で関連物件まで見て頂く戦術を実現しました。

 

プリンセスカームの記事は、何ページ見て頂いても・・特に売上には無関係ではありますが、

「お困りごとの解決」などに役立つ記事などを書いているので、関連記事を一覧表示することで、
「そう言えば、これも気になっていた!」などの、お困りごとの解決に繋がれば幸いです😊

 


さて、関連記事にご興味ある方は、
ワードプレスでしたら、こちらがオススメです

wordpress related posts

 

設定方法

①「管理画面」→「設定」→「WordPress Related Posts」をクリック

②「Related Posts Title」で関連記事の見出し、
「Number of Posts」で表示記事の数を、変更することが可能です。

③「Advanced settings」の項目でデザインや表示などの設定をすることが可能です。


 

ワードプレス以外での「関連記事」の実装のご相談も含め、
ご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせください😉💕

実際に、売上を倍増した【集客テクニック】無料配信!

>> お問い合わせはこちら

>> 広告をかけず【問い合わせ11倍】を実現したWeb集客対策はこちら