Googleに残ったキャッシュ(古い記録)を削除する方法💡


おはようございます!
プリンセスカームの南部です😊

 

練馬の不動産会社さんから、このような、ご相談がありました‼

退職したスタッフから、
「ホームページから自分の情報を削除して欲しい」と言われて、削除したものの、
Googleでスタッフの名前を検索すると、ホームページの情報が残っていて困っている

・・との内容でした💡

 

Googleは、定期的にインターネット上を巡回し、ホームページ内容を記録しますが・・

数日〜数週間の周期で、インターネット上を巡回しているので、

ホームページの情報を消しても、リアルタイムで
Googleから、ホームページ情報が抹消されるわけではありません。

 

ですから、そのままでは、
次回(数日〜数週間後)、Googleが巡回しに来るまで情報が残ってしまいます💦

 

ですが、このような場合、こちらのページから、
Googleに、記録抹消のための巡回をリクエストすることが出来ます。

https://www.google.com/webmasters/tools/removals?pli=1

 

しかし、リクエストしても、すぐにGoogleから記録が消えるわけではなく、

あくまで「ホームページから消したから、早く巡回に来て欲しい」と言うリクエストなので、
実際に、いつGoogleの記録から、抹消されるかはGoogle次第となります

 

ですから、このようなケースの場合には、


①ホームページから情報を消す。

②Googleにも削除申請を出す。

③当事者に対して「Googleには削除申請を出しているので、
Googleが削除対応するまで、今しばらくお待ちください」とお伝えいただく


これが現実的な流れとなります

 

特に、不動産業界の場合には、
「既に売れた物件の情報が、Googleのキャッシュに残っている」

「物件確認せずに、ホームページ掲載したら、元付け業者からクレームがあった」

「お客様が離婚されたので、お客様の声から消して欲しいと要望があった」

などのケースで、Googleのキャッシュ削除が問題となり、頻繁にご相談を頂きます💡

 

ご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせください✨

実際に、売上を倍増した【集客テクニック】無料配信!

>> お問い合わせはこちら

>> 広告をかけず【問い合わせ11倍】を実現したWeb集客対策はこちら